《閲覧注意》知らなければならない【エボラ出血熱】の実態とその恐怖


pqdWNeoU20140119231429

《閲覧注意》知らなければならない【エボラ出血熱】の実態とその恐怖

フィロウイルス科エボラウイルス属ウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症出血熱の一つ。ヒトにも感染し、50-80%という死亡率を持つ種類も存在する。人類が発見したウイルスの内で最も危険なウイルスの1つである。

参考動画をご覧くださいませ。《閲覧注意》

傷口や粘膜にウイルスが入り込まないよう注意する必要がある。特に、人は自分の目や口や鼻を触りがちであるが、それらに触らないよう気をつける必要がある。また、人の触るドアノブやスイッチやハンドルなどはウイルスが付着しやすいため、汚れを落とし消毒する必要がある。手は石鹸を使って洗う必要があるが、無理な場合はアルコール分を60%以上含むハンドジェルも使用可能咳やくしゃみはエボラ出血熱の症状にないが、別の要因によって咳やくしゃみが起これば、感染する可能性があり、長期間の1メートル以内の近接で感染リスクは中程度とされている。そのため、人ごみをできるだけ避け、具合の悪そうな人への1メートル以内への接近はなるべく控えることが望ましい。また、直接的接触(握手など)や屋内での長時間接触も感染リスクは低いとはいえ、なくはないので、できるだけ避けることが望ましい。眼鏡やマスク(N95以上が望ましい)、手袋なども予防に使われているが、ウイルスの付着している表面には触らないよう注意が必要となる。受容体のHSPA5 (GRP78) がエボラウイルスの感染に使われると特定されており、HSPA5阻害剤の没食子酸エピガロカテキン(緑茶などに含まれるカテキンの一つ)はエボラ感染予防に効果がある可能性がある。既に緑茶の飲用は、インフルエンザ対策として効果があるとされている。ただし、鼻からの感染は予防できない。感染者の嘔吐物、血、肉、唾液、粘液、排泄物、汗、涙、母乳、精液などから感染するため、見ず知らずのそれらに気をつける必要がある。また、ウイルスは大抵、湿った地中で生き延びるため、地面に触れないよう注意し、地面に触れたところは消毒する必要がある。病院や患者宅のトイレの便座に気をつける必要がある。ニューヨーク市は、初期症状の似るインフルエンザと区別しやすいよう、インフルエンザの予防接種を受けておくことを推奨している。医療従事者は、アメリカでは、2014年10月20日現在、CDCによって、肌が一切出ないようにすることが推奨されており、液体防護性のガウン、液体防護性のエプロン、首回りを隠すサージカルフード、フルフェイスシールド、防塵マスク、二重手袋、液体防護性の足カバーの組み合わせが推奨されている。感染者との接触があるなど感染の可能性がある場合は、潜伏期間を過ぎるまで公共交通機関での移動やレストラン、食料品店、映画館などの人の集まる場所への外出を控え、朝夕二回検温して検疫所に報告し、熱や症状の出た場合は地域の医療機関を受診するのではなく、最寄りの保健所に連絡して指示を仰ぐ必要がある。アメリカの一部の州や米陸軍などでは潜伏期間中も隔離措置が行われている。犬はエボラ出血熱を発症しないものの、エボラウイルスに感染する可能性を否定できないため、患者のペットの犬は、安楽死が行われている。感染者当たりの平均感染率を一人未満に抑えなければ、流行は収束できない。新たな感染者を素早く見つけるために、感染者から接触者を聞き出す接触者追跡調査(コンタクトトレーシング)が行われている。CDCは、見逃された一人の接触者が大流行(アウトブレイク)を引き起しうるとして、警告している

日本人として、何もできなくても、この世界で起きている現実をもっと知るべきである。

 

【あなたに面白いを言わせたくて】

毎日50件ほどの旬な情報をお届け♡

明日のネタになる面白い情報、女の子にとっての《美容、ファッション、ダイエット》等のお役立ち情報、他にも話題の◯◯について情報お届け!!

是非お楽しみください。

当サイトURL【http://convi.in/】

《最新のお知らせ》CONVI.が運営する女性の為の求人サイト【 LINK  -リンク- 】も大好評!!是非ご覧くださいませ。

LINK URL【http://link-job.me/#】

https://www.youtube.com/watch?v=WB4YISNAES0

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9C%E3%83%A9%E5%87%BA%E8%A1%80%E7%86%B1

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%BA&espv=2&biw=1152&bih=609&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=6e8kVbXfAszf8AW7qIDIDw&ved=0CAYQ_AUoAQ#imgrc=YJZZFJFLKQKAyM%253A%3B9nT5Hqa8N3ifrM%3Bhttp%253A%252F%252Fwww.innovations-i.com%252Fimage%252Ffiles%252FpqdWNeoU20140119231429.jpg%3Bhttp%253A%252F%252Fglobal.innovations-i.com%252Farticle%252F21.html%3B640%3B430


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>